経験は何よりも饒舌

10年後に真価を発揮するかもしれないブログ 

はじめてのOSS貢献

ついさっきpushしたのでメモしておきます。

STEP1 OSS貢献に関する記事を読む

とっつきやすいとか、誰でもとか書いてありますが、やはり難しそう...
でも、今書いてる記事を読んだらとっつきやすさは伝わると思います。

qiita.com

qiita.com

tech.gunosy.io

STEP2 できそうなものを探す

github-help-wanted.com

自分の場合は、言語はJavaScriptとTypeScript、ラベルはgood first issueで調べました。

良さげなやつが見つかったのですが、「Attend a Hack for LA Remote Onboarding session via Zoom.」みたいな案内があって、時間がかかりそうだったので一旦保留しました。

次に見つかったやつは、jsonを書くだけだったので、いけそう!

STEP3 お作法に沿って環境構築、アサインをリクエス

アサインされてから環境構築に失敗したりして詰まったら嫌なので、先に環境構築したりコード眺めたりしておきました。
そして、CONTRIBUTING.mdに沿ってアプローチしたら、2分でアサインされました。

STEP4 コードを書く

自分の場合はコードをいうより0,1を書きました。
github.com

STEP5 お作法に沿ってプルリクエス

CONTRIBUTING.mdや他の人のプルリクを見て、ブランチ名や残しておくコメントをチェックしました。
実際プルリク出したときも、注意書きがあったので丁寧。
f:id:wafuwafu13:20201103184513p:plain

STEP6 マージされるのを待つ

CI/CDはお作法に沿ってたら通るはずなので気にしないで良いと思います。
github.com

おまけ

LAPRASでOSSシルバーコントリビューターがもらえる
f:id:wafuwafu13:20201110085915p:plain