経験は何よりも饒舌

10年後に真価を発揮するかもしれないブログ 

野良コミッターがOSSの仕様を決める

OSS活動を始めて今まで157PRがCloseされた。翻訳やtypoの修正やテスト、ドキュメントの整備も含まれるけど、野良コミッターでも仕様を決める、もしくはそれに近いことができたのでいくつかまとめておく。

新しい仕様を追加する

github.com

このスライドに詳しく書いた

github.com

配列操作のreducecurrentIndexを使えるようにした

既存の仕様を変更する

github.com

いわゆるbreaking changeに当たるが、注意しないとバグを埋め込むことになる
wafuwafu13.hatenadiary.com

開発のプロセスを改善する

github.com

lintが通らなかったらマージできないようにした

wafuwafu13.hatenadiary.com

ややこしいけどこれも開発のプロセス改善

開発の方針を決める

github.com

denoland/deno_std/node/_tools/testに生成されるNodeのバージョンを上げた

github.com

denoland/deno_std/pathdenoland/deno_std/node/pathの関係を整理して進めていった




こんな感じでorgに所属してない、コミッター認定されてない野良コミッターでも頑張れば割と大きい部分の仕様に関わることができる。
GitHubでの活動はGitHubの登場はコミッタを特権階級から追い落とす革命だった - Hello, world! - s21gのタイトル通り、何の資格も持っていない文系大学生にとっては飛び道具だった。

日本の方のSocket migration for SO_REUSEPORTという発表を知って、こういうことができるようになりたいと思った。
こういうこととはどういうことかを考えると、世界の仕様を決めるということで、今まで自分が何をできてきたのかをまとめたくなって書いた。
逆に何が足りないかを再認識できてきたので、それを踏まえて活動を進めていく。